予防歯科とは?

 

日本人の約90%以上が歯周病に感染しています。 40~60歳代で歯を失う原因の約50%以上が歯周病によるものだと言われています。 歯周病は歯茎に炎症が起き、その影響で歯を支える骨が溶け歯が抜け落ちてしまう病気です。自覚症状が現れにくいので、気付いた時には手遅れになっていることが多いようです。 口の中をいつまでも健康な状態に保つために、定期的に検査と歯・歯茎の清掃をしていきましょう。


 普段のブラッシングではどうしてもキレイに取れない所、難しい所があるため、
専門のスタッフが器具を使ってキレイにしていきます。歯周病の基本的な治療は歯ブラシと歯医者での歯・歯茎の清掃で治ってくることが多いです。切ったりするのは、本当にひどくなった時で、そのようなことにならないように日頃からケアーしていきましょう。特に、35歳を超えた方は歯周病になりやすくなりますので、注意が必要です。

 

特徴

 

・虫歯・歯周病は細菌による感染症で、口から身体へと大きな影響を与えます。場合により、糖尿病・肺炎・心臓病・脳卒中・蓄膿症などを引き起こし、悪化させる危険性もあります。また、妊婦の方では低体重出産・早産のリスクが高くなると言われています。1本の虫歯・歯周病でも放置すると取り返しのつかないことになるかも知れません。
・虫歯、歯周病の予防・早期発見・早期治療につながるだけでなく、身体全体の健康を維持するためにも重要なことです。
・口臭の予防にもつながり、歯の着色もとりますので、キレイな口腔内を保つことができます。

歯をキレイに保ちたい

歯のトリートメント(PMTC)

歯のよごれ(プラーク、歯石)、着色を取ってキレイにし、
フッ素を塗って、歯によごれが付きにくく、丈夫にします。

 
定期健診

定期的に口腔内の状態を検査することで、早期発見・早期治療に繋がり、また、定期的に歯の掃除をする
ことで、キレイな状態を保ち、むし歯の予防につながります。

 

歯茎をキレイに保ちたい

歯のトリートメント(PMTC)

歯のよごれ(プラーク、歯石)を取ることにより、歯茎をキレイなピンク色の引き締まった状態にします。

 
定期健診

定期的に歯茎の状態を検査することにより、早期発見・早期治療に繋がり、また、定期的に歯の掃除をすることで、キレイな状態を保ち、歯周病の予防、歯周病の進行を抑えることになります。