インプラントとは?

インプラント治療とはチタンを使って人工的に歯を作る治療法です。歯のないところに人工歯根を埋入し、その上に人工歯をかぶせて歯をつくります。

治療によって埋め込まれたインプラントは、しっかりと骨に固定され、自分の歯と同じように咬めるだけではなく、残っている健康な歯に負担をかけません。インプラントは最低16歳以上で、医学的・解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでも受けることができます。

歯が無いままは気になるが、入れ歯は嫌、悪くもない歯を削りたくないという方にもお勧めです。また、前歯だけは気になるなど、部分的にインプラントを用いることも出来ます。自分が歯がなくなったら、お金はかかりますが、出来る限りインプラントで治したいと思っています。


【特徴】

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の変わりに、人工の歯根を骨に埋込、その上に人工の歯を作成して、歯としての機能を復活する治療方法です。

しっかり固定するため入れ歯のようにがたついたり、ずれたりせずに、自分の歯とほぼかわらず噛めるようになります。
治療の流れは、インプラント治療に必要な審査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。歯の根に相当する部分のインプラント部品を顎の骨に埋入します。局部麻酔を用いて行いますので、痛みを感じず安心して手術を受けていただけけます。不安感と振動を感じることはありますが、歯を抜く程度の手術です。当院では、出来る限り腫れない様に歯茎を切ることを最小限にしています。歯茎が治り、インプラントが骨とくっつくのを2ヶ月前後待ちます。骨としっかり付いたのを確認してから、被せる歯を作っていきます。後は、歯をつけて完成です。その後、定期健診を受けてください。

治癒期間は、骨とインプラントがしっかり結合されるまで1・5〜3ヶ月かかります。しっかりメンテナンスしていけば、インプラント自体は半永久的に使用可能です。ですが、骨は自分の物なので、ばい菌に感染してしまうと歯周病のように悪くなり、グラグラしてきます。インプラントのところに感染しても身体の防御反応は働かないため、必ずメンテナンスを受けてください。


当院での、インプラントはⅠTⅠインプラントを20年以上前から使用しています。